FC2ブログ
                                            

    チーム☆トレジャーハンターの気まま日記

    ガンダム世代のライダーこと“マフティー”と、猫とガーデニング好きのヘッポコライダー“ギギ”の極めて自己中心的なブログです。 主にバイクとにゃんこ達の気ままな日々を載せています。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    花の命は短くて・・ジスペケで桜撮影ツーリング♪

    四月・・・・ 。 

    何かにせかされるようにその枝に一斉に薄桃色の花びらをまとう桜の木々たち・・・。

    日頃、超多忙で秒刻みのスケジュールをこなす私だが、一年に一度しかないこの桜の季節には

    予定をキャンセルしてでも私の愛車とツーリングに行きたくなるのだ。

    レイが泣こうがむさしが喚こうがつばさっちが仏顔でモフ毛をおっぴろげようが私を止めることはできない。

    そんな季節なのだ。



    (1)_20130402183213.jpg
    【SUZUKI GSX-R750】 私の愛車だ。
    自分で言うのもなんだが、痺れるほどカッコイイ。
    しかし最近一つ困った事がある。それはカスタムしたツキギレーシングのマフラーの音が日増しに極悪になってきたことだ。
    そのうちご近所さんに『あそこの奥さん、あんなうるさいバイクに乗って、暴走族か何かかしら?イヤぁね~、いい年して』と噂されるかもしれない。
    いや、もう言われてるかも。 だってエンジンかけただけでガレージが震えてるし。
    これは早急に対処せねば。 ご近所問題に発展しかねない。 



    (2)_20130402183213.jpg
    久しぶりのジスペケとのデート。 気分はまるで憧れの先輩と一緒でドキドキしっぱなしの下級生のようだ。
    いや、実際はまた立ちゴケしないかとハラハラドキドキしているということは、言わないでおこう。
    さっそく満開の桜の木とジスペケの2ショット。 しかしジスペケはマジでカッコイイ。
    後ろの金網のフェンスも電話ボックスもジスペケと一緒にフレームに入れば、まるでオブジェのようだ。



    穏やかに流れる小川のように峠を走っていたら、いつのまにかこの日の目的地についてしまった。

    しかし、ちょっとしたことで駐車場に入るタイミングを逃してしまい、そのまま小川に流れる葉っぱのように

    ヘロヘロと道を走り続けてしまった。

    ちょっとしたことは何か? フッ・・・・。みなまで聞くな。

    あまりの花見ギャラリーの多さに、アタフタしてしまったからだなんて、ちょっと恥かしいな。テヘッ(/ω\)


    しばらく走っていくと、人気の少ない公園があった。 これはラッキー。

    ここなら、ジスペケの取り回しが出来ずによたよた手で押して移動させても人目につくこともなかろう。

    さっそくいつものようにえっほえっほとジスペケを手押しで壁際に駐車する。 



    (3)_20130402183213.jpg
    この公園には桜の木が何本かあったが、間隔をあけて植栽されており、どれも力強く咲いていた。
    まるでそのどれもが自立した大人の女性のようだ。
    そう、こんな凛とした姿が、私の理想だ。 なんだって自分で成し遂げられそうな自信に満ち溢れた姿。
    でも、もしも立ちゴケしてバイクの引き起こしに手間取っている女性がいたら、真っ先に助けてあげてほしい。
    それが私ギギから男性陣へのお願いです。ヨロシクね



    (4)_20130402183213.jpg
    蒼い空と満開の桜。 絶好のロケーションだ。
    桜の写真をパシャパシャと撮っていたら、ラブラブカップルのいるテリトリーに気付かず進入してしまった。
    彼氏と彼女が平日の昼間っから芝生の上にレジャーシートをおっぴろげて寝っころがっている、禁断のテリトリーだ。
    私は出来る限り自然に振舞おうと思い、カメラを構えながらカニ歩きで遠ざかろうと試みた。
    しかしその妙に甘ったるい空気は否応なしに私の鼻の穴から入り込んでくる。
    《フッ・・。そうやって甘い空気を漂わせられるのもあと数年よっ
    そんな言葉が喉から出そうになったので、慌ててつばと一緒に飲み込んだ。
    え?ただのヒガミ? とんでもない。これは歴然たる事実。
    試しに、私の場合を思い出してみよう。 私の旦那、マフとの甘い思い出、思い出、思い出、┗(-_-;)┛オ・・オモイ… ・・・・・で・・・?
    ほら、思いだそうと遠い目をしていたら、マンガみたいに目が一本の線になったぞ!!



    (5)_20130402183212.jpg
    そんな甘アマカップルの魔の手から辛くも逃れた私ギギの目の前に、一つの案内板が現れた。
    【展望地】・・・なんて素敵な響き!! これは上ってみるしかない!!
    言っておくが、私はバカではない。高いところが好きなだけだ。
    もう一度言っておくぞ!!バカではないのだぁ!! コラーーーー!!(▼O▼メ)聞いてんのか!!マフティー!!



    (6)_20130402183212.jpg
    展望地と言うからにはやはりそこそこの坂を上らねばなるまい。よかろう。望むところだ。
    そう言えば去年の秋もこんな状況に立ち向かい、私は見事成し得たのだ。
    おんぶおばけでも、だぃだらぼっちでも、どんとこーーーーい!!!



    (7)_20130402183353.jpg
    坂の途中に、キレイな山ツツジが咲いていた。 


    (8)_20130402183352.jpg
    山ツツジをアップでパチリ。 美しい。 緑の木々の中でその美しさはさらに際立っている。
    例えて言うなら・・・・そう!! ちょっと春らしいカラーが欲しくて買ったネイルの色がちょっと派手すぎて
    仕事場で見てみると妙に浮いてて失敗しちゃったな・・・って感じ・・・・・あれ?なんか違うか!?



    (9)_20130402183352.jpg
    さらに展望地への階段は続いていく。不意に展望地の方向から観光客が下りてきた。
    そんなときは、今までぜぇはぁ言ってた息を慌てて押し殺し、平静を装ってにこやかに挨拶をする。
    そして観光客が遠ざかったことを確認して、ぜぇぇはぁぁぜぇぇはぁぁぁと息をしまくる。これが大人の余裕だ。



    (10)_20130402183352.jpg
    展望地まではずっと上りばかりかと思っていたら、なぜか一か所下りになっていた。
    ちょっとした休憩ポイントか、料理でいうところの箸休め的な存在か。
    私的にはそんなまどろっこしいことはいいから、早くメインの肉を食わせろっ!!って感じだ。



    (11)_20130402183352.jpg
    箸休めの下り坂の後には、やはり上り坂が私を待っていた。
    ぜひこれが展望地へ向かう最後の上り坂であって欲しい。 いや、そうであるべきだ! いや、そうに決まっている!
    ねっ?ねっ?お願いしますよっ!神様っ☆彡(-人-;)



    (12)_20130402183352.jpg
    私の願いもむなしく破れ、案内板が現れた。
    しかしこの案内板には展望地までの距離は書かれていなかった。
    方向から察するに、私は一番近い北入口からやってきたようだ。
    しかしこの東入口や南入口、さらには西入口からやってくる人間がいるのだろうか。
    もしいるとしたら、私は手が痛くなるくらい拍手を送りたい。 私だったらきっと途中で野たれ死んでるぞ。マジで。



    (13)_20130402183534.jpg
    先に進むとかなり急な木の階段が現れた。 さらにその先には青空が広がっているように見えた。
    今度こそ、展望地なのかっ!? そうなのかっ!? そうであってくれっ!!

    ・・・・・・・・。

    ・・・・・・・・。

    そしてその階段の先にはっっ!!!



    (14)_20130402183534.jpg
    ・・・・・・や!!!!!


    (15)_20130402183534.jpg
    ・・・・・・ま!!!!!



    (16)_20130402183533.jpg
    ・・・・・・やま山ヤマやまぁぁぁぁぁぁ!!!!!

    あまりに美しいその展望に私は一瞬声を失った・・・・・。
    そしてハッ!!と我に返り、この素晴らしい山々と展望地に敬意を払おうと思い、こう呟いた・・・・。



    (17)_20130402183533.jpg
    ぐっじょ~~ぶ! 山々よ!展望地よ~!

    さらに私は、今日この場所に訪れた喜びを全身で表現したくなったのでこんな写真を撮ってみた・・。

    (18)_20130402183533.jpg
    わんだほ~!我が人生~!

    ありがとう、みんな。ありがとう。 嗚呼、生きているって素晴らしい。
    だから、デカ尻だってボサボサ髪だって気にしないのさ。




    (19)_20130402183719.jpg
    もうそろそろ今日の目的地に向かって出発しないと時間もないのだが、この山々を後にするのが
    なんとも名残惜しかったのでもう一枚パチリ~~



    (20)_20130402183719.jpg
    展望地からえっちらおっちら下ってジスペケを止めた駐車場に戻ってきた。



    (21)_20130402183719.jpg
    ようやく今回の目的地【動鳴気峡】にある《ライオンズの森》に到着した。


    (22)_20130402183718.jpg
    今回の私の企みは、この池を囲んで咲いている桜とその姿を鏡のように映し出す池を写真に収めることだったのだが
    残念ながら桜はすでに散りはじめ、満開ではなくなっていた。
    まぁ仕方あるまい。 人生とはそんなものさ。上手くいかないことも多々ある。
    アルトサックスの練習を始めたものの、まだペッペコプップコとなんともいえない音しか出なくとも、案ずるでないぞ!マフティー!!
    道は必ず開けると信じ、日々練習に励むのだぁ~!!(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/!!



    (23)_20130402183718.jpg
    散りはじめた桜の木も多いが、中にはまだ満開の木もあった。
    青空と桜。 う~ん、びゅ~てぃふぉ~~~



    (24)_20130402183718.jpg
    今度は池の水面と桜。 これもまた、びゅ~てぃふぉ~~~


    (25)_20130402184244.jpg
    満開の桜と青空、さらに飛行機雲まで共演。 なんともはや、びゅ~てぃふぉ~~~


    (26)_20130402184243.jpg
    山々の青々とした木々と桜の花が写り込んだ池の水面~。
    むぅ。満開の時期に来ていたら、もう少しあでやかな水面が写せたのかもしれぬ。ま、いっか。



    (27)_20130402184243.jpg
    太陽の光を浴びて輝く桜の花達。 んもぉ、びゅ~てぃふぉ~~すぎるっ!!!


    (28)_20130402184243.jpg
    池の水面がバシャバシャしてると思ったら、カモが数羽池を泳いでいた。
    もう少しカモに寄りたかったが、これ以上近づくと池を遊泳することになりそうだったのであきらめた。



    (29)_20130402184243.jpg
    道路沿いにはこんなゴージャスなピンクのつばきの花も咲いていた。これもまた美しい。 
    こんな花を髪にヘアピンで止めたら、こんな私でもカワイクなるだろうか。
    いや、やっぱりやめておこう。きっと《ギギさん、ついに頭がおかしくなった!!》と思われるのがオチだ。



    (30)_20130402184242.jpg
    タンポポ。こんなに低いところで咲いていても、なぜか力強ささえ感じられる。
    踏まれても、踏まれても、起き上って、花を咲かせる。素晴らしい。



    (31)_20130402184428.jpg
    調子に乗って何枚も写真を撮っていたら、いつの間にか日が傾いてくる時間になっていた。
    そろそろ帰らねば、我が家で留守番している3にゃんのうち、食いしん坊のむさしが空腹でわめきまくっているだろう。



    (32)_20130402184428.jpg
    カメラを抱えて階段を上がり、バイクを止めた場所に戻ってきた。
    そして私はまたしても我が愛車に見とれてしまい、こう言わずにはいられなかった・・・。
    《か、か、カッコええ~~~~(*´ェ`*)ポッ》



    (33)_20130402184428.jpg
    タンクからシート、そしてフェンダーレスにしたリア周りと、流れるようなフォルム。
    そしてレーシーなマフラーに、やる気満々な太っといタイヤ。 どこをどう見てもスーパースポーツマシン。
    しかしそれに乗るオーナーは超ヘッポコ。これ、一番の残念ポイント。
    この日も峠で、おばちゃんの乗るジョグを追い越し出来ずにしばらく追尾したのは本当だ。



    (34)_20130402184428.jpg
    桜と青空と山とジスペケ・・・・・。
    今年もこの時期にツーリングに出かけられた悦びを噛みしめながら、私はジスペケのイグニッションキーを回した。


    《ぶぁふぉぅぉぉぉぉん

    ジスペケのエンジン音にビックリして振り返ったおばちゃん達と目が合い、私は逃げるようにして走りだしたのだった・・・・・。



    ブログランキングに参加中です!
    ぽちっ!とよろしくお願いします~(*- -)(*_ _)ペコリ


    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    | GSX-R750 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    マフティーどんへ

    フッ・・・。 まぁ許しといたるわぃ。
    んで、すまんと思うんなら、いいかげんトップ画像のZRXをダエグに変えたまえ!!

    | ギギ | 2013/04/07 20:14 | URL |

    侍従長さんへ

    いつも私の長々としたツーレポを読んでいただきありがとうございます~m(_ _"m)
    晴れた青空の下、桜とジスペケの写真が撮れて大満足な一日でした♪

    ・・・はい。私、思いっきり運動不足でございます(笑)
    またダイエットを兼ねてジョギングを始めようと思います~(^^ゞ

    | ギギ | 2013/04/07 20:11 | URL |

    karakuriの嫁っこさんへ

    イヤイヤイヤ、私は全然かっこよくなんてありませんよー!
    むしろ、変人・・とまではいきませんが、ただの変わりもんです(笑)
    ご心配していただきありがとうございますm(_ _"m)
    不審者がいたときのためにパンチ&キックと、体力を付けて猛ダッシュできるように頑張ります!
    高台への道はク~ネクネで難易度高めですよね~。
    私はいつも超スローペースでなんとか切り抜けています(^_^;)

    | ギギ | 2013/04/07 20:07 | URL |

    すまんかった

    今朝、『桜の記事書いたん?写真ばっかり載っけてオモロないやろ、きっと・・・』と言ってしまったが、謝ります。ごめんなさい。
    不覚にも、5回は

      笑って (o_ _)ノ彡☆バンバン

    しまいました。

    | TTH総帥 マフティー | 2013/04/03 20:55 | URL | ≫ EDIT

    今回の紀行文も大変面白かったぁ。
    写真の構図が抜群です。
    ジスペケ君も幸せそうだぁ。
    (でもギギ様、運動不足か?^▽^)

    | 侍従長 | 2013/04/03 09:00 | URL | ≫ EDIT

    はははっ、こんばんわ☆嫁っこです!
    ギギさん、かっこいいっすへ(´∀`へ
    【展望地】素敵な響きですけど、昼間でも女子ひとりは危険ではないですか??不審者を見つけた時の為にパンチの練習してください
    ( メ`ω´)/
    展望台へのアプローチは狭くて急坂でヘヤピンで、トラウマで超苦手です(o´Å`)=з
    広島の桜はまだ8分咲きくらいですよー✿✿✿

    | karakuriの嫁っこ | 2013/04/03 01:18 | URL |















    非公開コメント

    http://teamtreasurehunter.blog56.fc2.com/tb.php/881-8aba49aa

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。